スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KANAZA-和傘 体験企画


こんばんは、花結遊です。。。

今日の金沢は、久しぶりの大雨。。。

会社前の側溝があふれだし、ちょっと恐かったです。。。

夕方には雨もやみ、すっかり秋の気配ですね。。。


昨日は、兼六園前、茶屋『見城亭』さんのご協力で

見城亭さん

金沢大学と金沢美大の学生さんの『モノつくり実践プロジェクト』の一環として

和傘のレンタルしシステムを作りたいという学生さんたちに協力をして

まずは、和傘体験をしていただきました。

外で、和傘体験をお願いするも、兼六園前という

金沢城前

結構厳しい規制もあり、呼び込みもできませんでしたので

まずは、形からと浴衣姿でお客様を。。。

浴衣で

月曜日ということもあり、少ないお客様数でのスタートでしたが

私が一番嬉しかったことは

初めて和傘に触れた学生さんたちの笑顔

みんなそれぞれが和傘体験を楽しんでくれて

その笑顔でお客様にいろいろ接してくれたことが一番の成果だと思います。

笑顔

告知の時間が見短かったにもかかわらずフェイスブックや

水引教室の生徒さんたちが来てくださり

一生懸命に和傘をさしてくださりありがとうございました。

そして、一番ビックなお客様

草野さんと

ロケで、たまたま兼六園へきていた

草野仁さん。。。

私は全く気が付かなかったのですが

学生さんたちが気づいても、どうしよう?なんて言ってます。

正面から、きちんとご挨拶に行き、金沢和傘の説明をさせて頂き

今回の趣旨を話して、写真を撮っていただきました。。。

草野さんと2

いい傘だなぁ~って思って見ていたんだよ。。。

なんて、言われて飛び上がりそうででした。

草野さんが

気さくな草野さん、テレビの中よりとても素敵な紳士でした。。。

お仕事中でしたのに、本当にありがとうございました。

さてさて、

学生さんがアンケートを集計してくれました。

70~80人くらいの方々に和傘の体験をしていただき

うち、40名くらいの方々にアンケートもいただけたそうです。

学生さんと

これを元に、これからどんな展開が生まれるのでしょうか?

とても楽しみです!

スポンサーサイト

中日新聞社の取材 和傘研究会


こんばんは、花結遊です。。。

残暑、厳しいですね。。。

鉢ものにお水を忘れ。。。今年はほとんど全滅(>_<)

かわいそうなことしてしまいました。。。

人間も水分補給が大切なのと一緒、お花、再生するかな???


日曜日と月曜日、

久しぶりに研究会メンバーと談笑!

お松の方の傘

和傘作業ではなかったのですが、

急な取材が入り、メンバーに連絡をとると、

修復4

表具メンバーは本業の表具の修復に忙しかったのですが

先生にお願いをし、合間に取材を入れてもらいました。。。

修復3

取材先は、中日新聞社さん。。。

めんめんと。。。

とかいう企画で、メインは松田さんのようですが、

伝統を受け継ぐということで研究会もと取材が入りました。

取材大場先生

全員での取材は、珍しく。

取材o

ちょうど集まれたので、

今、携わっているお松の方の大傘の件になり

お松の傘

つなぎまでは、終わったので、

張りはいよいよ紙のプロの表具メンバーの仕事になります。

みんなで

まず、デザインや、和紙のこと

いろいろ、話して日曜日の取材は終わりました。。。


明けて、月曜日、

お昼から傘を乾かしに教室に行くと

またまたメンバー達が今度はとても大きなもの挑戦中!

修復1

大場先生が、破っていくか?なんて言われるので

ちょっとだけ、触らせてもらいました。。。

修復2

釘だって、特殊なもの。。。

表具のクギ

プロの技をほんの少しだけ覗いた気分。。。

邪魔しないように、私は教室で

和傘を干しながら、修復の骨つなぎ。。。

スプリンクラー

前の芝生のスプリンクラーのしぶきがとてもきれいで。。。

ここは、すぐに子ども達が集まってきて楽しそうです。。。

お母さん方が和傘がきれいと写真を撮ってくれます。。。

大場先生のおかげで、

職人大学の表具教室はいい感じの作業場です。。。

週末、時々ですが、作業風景見に来て頂きたいと思っております。。。







お松の方の傘骨


こんばんは、花結遊です。。。

毎日暑い日が続いていますね。

ねむのき

ねむの木が綺麗な季節だけど、

きれいや~と思う前に、暑さでばててます(>_<)

皆さんお体大丈夫ですか?


バテタ原因は、こちら。。。

来年の百万石祭りの大傘の骨です。

小骨

小骨なのに、いつもの作業台がいっぱいいっぱい

裏はこんな感じ!

小骨裏

長いから、途中でどうしても節が入ってしまいます。

この小骨に、かがりの穴あけをしました。

大傘は骨数60軒に一本に4箇所の穴をあけました。

それを2本分!

穴あけ

私の愛機も熱を持ってオーバーヒートしないか

心配しながらの穴あけ。。。

かがり

こんなかがりにするために♪

そして、

今度は親骨の骨磨き!

機械で切りっぱなしなので

とげがいっぱい出ているところを綺麗にし面取りをしました。。。

親骨

小さく見えるほうは、番傘の親骨なんですよ~

長いし、太いし、数も多いし

週末の仕事として、毎日少しずつしていましたが、

さすがに昨日の夕方には、

頭が痛くなってきて、ムカムカしてきました。

これが、熱中症?

夏バテ?

水分補給が足りなかったのか?

反対に冷たいものを取りすぎていたのか?

今日も、ムカムカと、頭痛は止まらず。。。

会社の監禁時間をなんとか乗り越えた次第です。。。

お松の方の傘

こんな和傘が出来上がるまで、まだまだ、遠い道のりです!

今日は、和傘を見ても、わぁ~綺麗と思えない!

重症です!


技で魅せるいしかわの伝統工芸


こんばんは、花結遊です。。。

6月末から参加していた、石川県中小企業団体中央会さん主催の

「技で魅せるいしかわの伝統工芸」

駅実演

先週末の土日で、6回参加が無事に終わりました。

毎回600から1000人ほどのお客様が訪れてくださったそうです。

前半は加賀友禅の先生と

この土日は九谷焼の先生とご一緒させていただいたおかげと思います。

九谷焼

友人や、知人、水引教室の生徒さん

お気に入り
(彼女は、この傘が一番と手にとってくれました)

そして今回はフェイスブックで知り合った方々とのはじめましてが

rino chan
(rino chan は、いっぱい、いっぱい傘をさしてくれました)

多かったこと。わざわざ、金沢駅まで出向いてくださり

本当に感謝でいっぱいです。

4年生
(小学4年生は工芸の勉強中だそうです)

この実演での私の一番の目的は、和傘に触れてもらうこと。

重たいと思っていたけど、それほどでもないね~

イルクーツクの彼と
(イルクーツクからの留学生と)

懐かしいわ~嫁入り道具に持たされてね。。。

わぁ~きれいや~

雨で破れないの?

番傘のお父さん
(お父さんはいっつも、番傘、下駄、巾着、そして浴衣姿だそうです)

そんないろいろな声をお聞きし、一緒にお話をする時間が

とても楽しかったです。

番傘
(お父さんの番傘)

和傘、今では芸術品のごとく扱われますが

そうではなく、人を綺麗にする

心を豊かにする、アイテムとして使っていただきたいと思います。

張り師村上さん

梅雨空で滅入ってしまう季節も

和傘が一本あれば、次の雨を待ち遠しく思う。

そんな心のゆとり、日々の楽しみ方のエッセンスに

なりたいと思います。

談笑

私達、金沢和傘の実演はこの度で終了ですが、

「技で魅せるいしかわの伝統工芸」はまだまだ続きます!

今度は、お客になって、いろいろな工芸を私も楽しみたいと思います。

お世話になった中央会の皆様、ありがとうございました。

そして、和傘を見に来て下さった方々も

また、和傘が見たいと思ったとき、ブログなりフェイスブックなりで

お声かけしていただけたらと思います。

ありがとうございました。

大場昭雄先生 黄綬褒章 祝賀会


こんにちは、花結遊です。

日曜日の一番のメインイベント!


金沢和傘伝承研究会の顧問であり

表具組合の理事長である、大場先生が

先日黄綬褒章を受章され、そのお祝いの祝賀会がありました。

賞状

私も、研究会のメンバーからお誘いを受け、

参加させていただきました。

大場先生は、表具組合の理事でもあられ、

とても忙しい方なのですが、研究会に何人かいらっしゃる先生の中で

唯一、私達と共に作業をしてくださいます。

花束贈呈


祝賀会が始まると、

金沢市長をはじめ、国会議員、県会議員、市会議員、

そして、先の市長、山出保さんも来賓でご挨拶され、

先生のこれまでの功績を述べられた最後に

私達研究会においても大変尽力されて

伝統を守る一人者を一人しっかりと作ってくれたと言われ

ビックリしました。

そして、とても熱いものがこみ上げてきました。

乾杯の音頭の後は、

みんなの謡があり、

謡の披露


その後で、和傘研究会もそれぞれが和傘を持ち舞台に上がり、

先生だけがつなぎの和傘を持ってあがりました。

皆は、もうちゃんと傘の形になっているが

私だけサボっているから破れ傘にもならないと

お茶目な部分も~

前日に祝辞とPRを頼まれて、緊張しながらも何とか大役も終了!

最後は奥様とお二人での相合傘でした。

先生と奥様


会場では、先生の大きな屏風も展示されておりました。

お屏風

小鳥が今にも飛んでしまいそうですし

小鳥2

くりもはじけそうです!

くり

山出さんにご挨拶に行き、

今の山野市長さんには、木工でお世話になっている先生に紹介していただきました。

研究会に入ってなかったら、こんな立派な会にも参加できなかったでしょうし、

やっぱり、ご縁って大切ですねっと感じた夜でした。。。

研究会メンバー

久々に全員集合!

いい仲間です♪♪♪

| 金沢和傘&水引&木遊び **花結遊**ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。