スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五木寛之さんの「林住期」 人生のターニングポイントを迎えて


こんにちは、花結遊です。

人生のターニングポイントを迎えて、

八重桜

「50の手習い」ではないけど、

昨日と今日と特別な違いはないけど、

心新たに何かに向かっていくために。。。

ふと、

「50の手習い」とはと調べてみると、

五木寛之さんの「林住期」という本を紹介されていて

抜粋が載っていた。。。

まさしく今の自分にピッタンコ(#^.^#)

以下。。。

*************************************************

人生のクライマックスを考えたことはあるだろうか。
 人生も黄金期とか、収穫期というものがあるかもしれない。
 人生、80年。昔の人より長生きできるようになった。

 古代インドでは人生を4つの時期に区切るという。
 「学生期」(がくしょうき)
 「家住期」(かじゅうき)
 「林住期」(りんじゅうき)
 「遊行期」(ゆぎょうき)

 日本では初老とか老年と呼び、なんとなく暗い。
 近づいてくる死を待てというのだろうか。

 吉田兼好は次のように言った。
「死は前よりもきたらず」
 つまり、死は、前方から徐々に近づいてくるのではなく、

「かねてうしろに迫れり」
 背後からぽんと肩をたたかれ、不意に訪れるものだ。


 インドでは、「学生期」で学び、
       「家住期」働き、家庭をつくり、子供を育てたあとに、
 
 人生のクライマックス「林住期」を迎える。

 人はみな生きるために働いている。
 でも、よく考えてみれば、生きることが目的で、働くことは手段であるはずだ。
 ところが、働き蜂の日本人は、働くことが目的となって、よりよく生きていない。

 家庭をつくり、子供を育て上げた後は、せめて好きな仕事をして生涯を終えたい。
 一度、リセットしてみたらどうであろうか。

 人生80年。
 もっと、長生きになるかもしれない。

 と、すると

 「学生期」(がくしょうき) 0~24歳
 「家住期」(かじゅうき)  25~49歳
 「林住期」(りんじゅうき) 50~74歳
 「遊行期」(ゆぎょうき)  75~90歳

 人は生きるためにもエネルギーが必要だが、
 死ぬときもエネルギーが必要なのかもしれない。
 だからといって、生涯をなすべきこともなく、
 雑事に追われながら死にたくはないものだ。


 自分が本当にやりたかったことは何なのか問いかける時期が、
 だいたいこの林住期(りんじゅうき)にさしかかる人だと言われている。

 それまでは、あまりの忙しさに考える余裕もなかったに違いない。
 林住期にさしかかった人は、
 生活の足しにならないようなことを真剣に考えてみるのも悪くない。

 林住期は、時間を取りもどす季節だ。
 林住期は、人生におけるジャンプであり、離陸の季節でもある。
 これまで、たくわえてきた体力、気力、経験、キャリア、能力、
 センスなど自分が磨いてきたものを土台にしてジャンプすることをお勧めする。

 林住期に生きる人間は、まず独りになることが必要だ。
 人脈、地脈を徐々に簡素化していこう。
 人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない。

 1人の友と、
 1冊の本と、
 1つの思い出があれば、それでいい・・・と言った人もいる。

 自分を見つめるだけではいけない。
 林住期は相手をみつめ、全人間的にそれを理解し、受け入れる時期でもある。

 学生期のあいだは恋愛中心だ。
 家住期になれば夫婦の愛をはぐくむ。
 林住期は、恋人でも、夫でもない、
 一個の人間として相手と向き合うことも考えなければならない。
 ばらばらに暮らしても、二人の結びつきをさらに深めていくことも可能だ。


***************************************************

失敗もいっぱいしてきたけど、案外ご縁に恵まれて、助けられてきたと思う。

30年近く働いていた測量という仕事、製図は、天職と一時は思っていた!

八重桜と和傘

今、木工、水引とことを進めながら

和傘に出会って、

師匠に出会って、

また、和傘を通して、いろいろな人とめぐり合って、

これから、第何番目の人生と言うのかはわからないけど

「一生懸命にすれば、道が開くよ」と

じーじ(祖父)からの教えの通り

今が、いい時間と、幸せと、思えるなら

これまでの、数々の失敗もここへ至るまでの糧と考えられるように

なって、きたのも、いい歳を重ねて来れたことで、

自分へのご褒美なのかもしれないと思います。。。



スポンサーサイト

今年もありがとうございました。


こんにちは、花結遊です。

今日の金沢は朝から風がビュービュー、ちらっと雨や雪が。。。

今年最後の日、いかがお過ごしですか?

ちょっとバタバタの年末から逃避行、ブログにやってきて皆様にお礼をと!

いつも拙いブログに訪問して頂き。応援して頂きありがとうございます。

この、ブログを立ち上げたのが2009年7月

手仕事屋さんになりたくって淡い思いを発信してきましたが、

今年、和傘 明兎 を立ち上げ、

水引教室も、新たに30名の生徒さんが増えて下さり、

思いが形になりだしてまいりました。

最近はFacebookへの投稿が増えて、なかなかブログを書くことが

ままならなかったけど、

私の出発点はこの花結遊と改めて感じ、こちらでは日々の暮らしと水引と和傘

ブログ明兎アルバムは和傘の作品をご紹介という形で頑張りたいと思いますので

また、来年もよろしくお願い致します。

水引


懐かしい、第一回目の水引教室の記事を読んで

初心に戻りたいと思いました。


第一回目の水引教室のブログはこちらから → 第一回水引教室


和傘のいろいろはこちらから → 明兎アルバム wagasa minto


今年一年、ありがとうございました

来年もまたよろしくお願いいたします。

皆様にとって、幸多い一年でありますように

                    花結遊


                         

水引・和傘・木工の日


こんばんは、花結遊です。。。

今日も、なんだか寒い、曇り時々雨の一日でしたね。。。

でも、今日の私は、久しぶりに自分の好きな時間の過ごし方ができたような。。。

まずは、朝から水引教室の準備!

そして、一番に金沢駅のステーションギャラリーへ

山中漆器の谷口さんを訪ねました。

谷口さんと2

蒔絵のお話を聞きに言ったのですが、やっぱり漆のプロ!

今、一番悩んでいる和傘の漆の話に自然と食いついてしまいます。

メモを片手に、いろいろ単語をひらって。。。

あーしよう、こーしようが膨らみます。

和傘展示

ステーションギャラリーには、金沢和傘も展示されていますよ!

そして、午後一に水引教室上級コース!

水引教室2

今日のお題は、クリスマスツリーつくり!

と、言っても松の飾りの作り方をアレンジしてお好みの水引での

クリスマス飾りの方法を、おしゃべりしながら結ぶ!

いえ、今日は内職のようにもくもくとでした(^^♪

そして、終了後は、昨日木工塾での勉強会に参加できなかった

林先生の作品展

林哲三氏の木工作品展へ

工芸の素敵な拭き漆の数々は穏やかな気持ちにしてくれます。

続いてまたまた木工の作品展

こちらは、フェイスブックでも仲良くしていただいている

河南さん。

やっぱり木はいいねで1

和傘の実演のときもお着物を着てきてくださっていたので、

和傘持参でモデルをお願いしながら

素敵な作品の数々を見せていただきました。

ゆらゆら

ここでも、木のこと、漆のこと、そして和傘のこと

いろいろいいお話を聞かせていただきました。。。

休日の過ごし方で、美術館やギャラリーめぐりが一番楽しくって

そこで、作り手さんに会えてお話など聞かせてもらえると

とてもハッピーで、そんな休日の過ごし方しばらく遠のいていたけど。。。

やっぱりそんな時間作らなきゃっと思った日。。。

秋いっぱい

久々に、落ち葉やどんぐり拾った秋でした。。。

『岡 すゞいの会 百歳のコレクション2』へ


こんばんは、花結遊です。

立冬に入ったと思ったとたん、金沢のお天気は大荒れ

一日中、空はやかましく、土砂降り、そしてだんだん寒い

こうして、冬の訪れを感じつつ雪を待つ。

毎年だけと、このみぞれ交じりの暗い空が苦手です。。。


そんな暗い気持ちを振り払いたくって、

知人から、いい展示があるからと紹介していただいた

チラシ

『岡 すゞいの会 百歳のコレクション2』へ

出かけてきました。

打ち掛け

入ってまず、ずらりと並んだ沢山の打ち掛けにびっくり

いこの両面に飾られています。

打ち掛け2

昔のこんな素敵なものが、痛みもなくこんなに

勢ぞろいすることがあるのでしょうか?

友禅

友禅だったり

刺繍

刺繍だったり

蝶

図案はモダンで粋を感じます。

和傘の図案にと、あれがいいかな?これがいいかな?

会場を何周も回ってしまいました。。。

鶴

和傘もそうだけど、ほんの一昔前の時間が

今の、デジタルで何でもスピードを追うような感覚では

到底感じえられないのではないだろうか?

素敵

と、ふと立ち止まってしまいます。。。

9日明日までです

午前10時から午後9時まで 入場無料

会社帰りに、十分堪能できますよ~

会場はラブロ片町の裏に、10月に新しく出来た

金沢学生のまち市民交流館

ここには行きたかった理由がもう一つ

表具

金沢和傘伝承研究会の表具メンバーが

夏から修復していた作品があるのです。。。

オープニングから何時か行きたいと思っていました。

大広間に圧巻!

こうやって、古い建物、古いしきたり、

きちんと残していきたいですね。。。





湯涌温泉『あたらしや』さんへ 大人はしゃぎ♪


おはようございます。、花結遊です。。。

台風の影響でしょうか?くらーい朝ですね。。。

あぁ、油引こうと思ったのに。。。と、

朝からテンションが低くなりそうなので、

先週の大人遊び!を思い出して。。。



それぞれが仕事を終えて、夕方、もしくは

出張先から飛んできて、一泊温泉旅行~

行き先は、金沢の奥座敷、湯涌温泉「あたらしや」さん

ここ、湯涌温泉は、花咲くいろはというアニメで

最近とても有名になってきたらしいのですが、

金沢人にすれば、お湯もいいし、ゆったりできる温泉地。。。

埼玉から来た友人に

能衣装

まずは、能楽美術館でミュージアムグッズを見ていただき

能衣装を体験してもらって、いざ、温泉へ。。。

道中、いろいろおしゃべりも楽しく。。。

温泉へのお供は、新作『明兎の輪』と、『スクエア』男持ちの『シェンロン』

あたらしやさんはこじんまりと八部屋のみのゆったりさ、

そのいちばんいいお部屋に木工のS先輩と♪

シェンロン

入り口を開けると、玉砂利があり、

明兎の輪

和傘のベストポジション!なんて、勝手に思いははせ、

つき

まん丸、格子戸からの明り取りも素敵。。。

ゆっくり温泉に入って乾杯!

舟盛

一人づつの舟盛にも歓声~

遅れて、出張先からきたT氏の揃ったお料理にまた撮影会!

大人はしゃぎの夜はふけ、先輩とは夜中まで語り合い。。。



明けて、朝風呂に、朝ご飯。。。

あたらしやのおかみさん

玄関先で、おかみさん、皆様にお見送りを受けるときには

またまた、撮影会!

和服にやっぱり和傘は似合います。。。

おかみさん


遅く来たT氏はまた仕事。。。

残りメンバーで、湯涌江戸村を散策し

茶室見学や、駒回しに挑戦!

先輩も仕事なので、送ったついでに工房見学~

お昼からは、M氏と二人で

ひとり撮影会

北国街道を寺院めぐり。。。

梵鐘と和傘

目いっぱい、遊んだ大人時間でした。。。

楽しかった♪

みなさん、どうもありがとうございました。。。

さて、このメンバーはどんな関係でしょうね~"^_^"


| 金沢和傘&水引&木遊び **花結遊**ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。