スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和傘講座かがり 岐阜へ


今晩は、花結遊です。。。

週初めの月曜日。。。いつも週の前半は週末の話になる私。。。

今日も、週末の幸せな出来事を。。。

皆さんも、週末いかがお過ごしでしたか。。。



日曜日。。。岐阜へ行ってまいりました。。。

そう、和傘研究会の件で。。。

今回は、前回、和紙を貼った和傘に、

かがり糸をする講座を体験してきました。

前回の帰り道に、かがりを体験したいと市役所に伝え、

岐阜の歴史博物館の館長さん、藤沢社長さんのご好意で

今回も混ぜていただけることに。。。

前日、松田さん宅を訪れ、岐阜行きを伝えますと

相変わらずの笑顔で、かがりは簡単や大丈夫、大丈夫と

送り出して下さりました。。。

今回参加はひとりなので、

ひとりは、寂しく写真も撮れないので、

木工塾の先輩に同行していただき、いざ。。。

金沢から岐阜へは、東海北陸道を走って3時間くらいでした。。。

朝、よいお天気に富山はすごい霧。。。

真っ白な中を進み、岐阜県に入る頃には、

快晴の中、山並みは真っ白ですし、路肩の雪も車高より高い

山岳ドライブを楽しみ。。。    


ひるがの高原を過ぎると、太平洋側の気候に変わるのか

雪もほとんどなく、到着した岐阜市歴史博物館は暖かく

金華山の麓、大勢の観光客でにぎわっているようでした。。。



さて、博物館内では、前回お世話になった職人の方々に

ご挨拶をし、ここで作業をしてと渡された和傘はには、

金沢御一行とちゃんとタグが付けられておりました。。。

あれから、和紙にはきちんと折り目が付けられ、

傘を閉じることが出来るようになっていました。。。

骨には漆がかけられ、もち手には藤巻きがほどこされ

石突きも付いています。

天井には、カッパもつけられて和傘になっていました。。。

私はまだまだ工程を知りませんが、あれから沢山の

作業をしていただいたことに感謝し、

最後のかがりを習います。。。

まず、竹に針で糸を通すことに苦戦。。。

かがり1


そして、本数を数え、間違えないように

綺麗な模様になるように。。。

かがり2


一番大変だったことは、糸の結び。。。

こま結びというやり方なのですが、

私がするとすぐに抜けてしまいます。。。

職人の方は、いとも簡単に何度でも教えてくださり。。。

何とか、かがりができました。。。

かがり3


このかがりは、小骨のの補強と装飾ををかねています。。。

私が、初めて傘を開いた時に。。。

わー綺麗と一番感動した部分です。。。

幾何学模様は、いろいろあり、また、自分で考えても

いいそうなので、夢の膨らむ部分です。。。



さて、岐阜での講座はこれで最後です。。。

これからは、どんな具合に和傘研究会が進むのかは

まだ、未知数ですが、

今回は、一緒に講座を受けた若い方とも

少しお話ができましたし、職人さんとも話せました。。。

全国で、和傘は衰退の一途をたどっています。。。

でも、ここ岐阜へは和傘つくりをやりたいと思う方が

集まっています。。。

金沢和傘も、無くさないために

私も頑張らないと改めて思った一日でした。。。

関連記事

| 金沢和傘&水引&木遊び **花結遊**ホーム |

コメント

こんにちは!
和傘の良いところは雅なところ!でも黒塗りのやつもいいです
便利さでは今の傘には及びませんがいい物ですよね(*^_^*)

とらんぼさん こんばんは!

本当に素敵な和傘にだんだんひかれていきます。。。
そんな和傘作れるのかな。。。
便利ではないけど、美しさをもっと広めたいと思います。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mizuhikihanayuyu.blog54.fc2.com/tb.php/132-de23c93f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。