スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足助の和傘


今晩は、花結遊です。。。

曇り雨、そして晴れ間。。。

お盆の金沢、日中は暑くても、朝、夜、少しずつ涼しくなってきました。。。

昨日の、私の一人旅、行先は

愛知県豊田市にある三州足助屋敷。。。

和傘の竹骨を、竹の切り出しから一人でされている職人さんにあって来ました。。。

はじめて伺ったのは、春のゴールデンウィーク

ネットで、和傘を検索していて、観光地で和傘が見れるとのことで訪れました。。。

駐車場に車を止め、香嵐峡のもみじや、

足助への道1


大きな杉木立、

足助への道2


涼しげな川音を聞きながら。。。

香嵐峡

歩いて行くと。。。大きな門構えが。。。

足助屋敷入口


入口では梅干しを干していました。。。

梅干し干し


ここは、昔ながらの手仕事を、

実際に見せてくれます。。。

懐かしい田舎に帰って来たような雰囲気です。。。

弥助屋敷たたずまい

鶏も放し飼いです。。。

にわとり

竹細工や炭、木工もあります。

機織りに、わら細工、和紙、桶、などなど。。。

夏休みの宿題をと、親子連れが。。。

昔の手仕事に、大人は懐かしく

子どもたちが、すごーいっと感動。。。

その中に和傘があります。。。

前回訪れた時に、竹骨がとても綺麗だと思っていました。。。

前回の記事はこちらから →足助の和傘

さっそく和傘の工房を訪れ、

足助の和傘

足助の工房


ごあいさつ。。。

覚えていて下さり。。。その後どうですか?

と聞かれても、まだやっと貼りを教えて頂いただけは変わりなく。。。

竹骨が作りたいと思っていると話しましたら、はっきり無理とのこと。。。

もちろんそうだと思います。

前回彼女はやっと15年たった今、ようやく形になってきたとおっしゃっていたのです。。。

ただ、前回の私は、和傘を一度張っただけで、まだほとんど解らなかったけど

張りしか知らないことはかわらないけど。

骨がきれいだと思ったこと。今、自分が持っている骨と違うような気がしていたのです。。。

なので、今回はその確認です。

足助の和傘を購入して帰ってきました。。。

足助の番傘

漆は施されていませんが、凛としたたたずまいの番傘です。。。

足助の番傘2

この竹骨の美しさ。。。飾り糸がなくても。。。凛として素敵なのです。。。

足助の番傘の骨


竹の香りのする和傘。。。憧れます。。。

もう衰退の方向を向いている和傘。。。

材料も中々ありません。。。

和紙がどんなものか。。。

糸がどんなものか。。。

ろくろも、木工の先輩に試行錯誤で作って頂いたり。。。

試行錯誤の一カ月。。。

糸も、メーカーさんに骨を渡し、結果待ち、

和紙はようやく思うような和紙を見つけ。。。

竹は。。。

材料が中々、手に入らない今。。。骨作れないかな~なのです

そして、

前回もお世話になった和紙のお母さんにも会いに行ってきました。。。

同じく、どうですか。。。と聞いて頂き近況報告をし、

水引用の和紙を購入前回も購入したのですが、シンプルで折りやすく

私のお気にいりの和紙なのです。。。

名残り惜しくも、また、訪れることを約束し。。。

次は一路岐阜に向かいました。。。

足助屋敷のホームページはこちらから → 三州足助屋敷

足助の皆さん、お世話になりました。。。

ありがとうございました





関連記事

| 金沢和傘&水引&木遊び **花結遊**ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mizuhikihanayuyu.blog54.fc2.com/tb.php/233-9687bd2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。