スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和傘の道具


今晩は、花結遊です。。。

とうとうやってきました、冬将軍。。。

朝から、稲光がすごい、もう光るたびに、

首をすぼめたくなるくらいなのです。。。

みぞれからあられに、そして初雪。。。

一時でしたが、一面真っ白になってしまいました。。。

車のタイヤ交換もお願いして、スコップもだし

いよいよ冬の準備です。。。

この北陸の鉛色の空。。。物質的準備だけでなく。。。

心の準備もしなければ。。。お天気に左右される私。。。

頑張らないと、冬眠してしまいます。。。


水曜日、夜の木工塾。。。

春の工芸展の作品作りをしなければ。。。なのですが。。。

作業は、こちら。。。

和傘道具


これも、和傘の道具。。。

始めの頃、岐阜の職人さんの道具箱から

あれこれ撮影させていただき、物まねして作ってはあったのですが、

その時は、どこにどのように使うのかも解らず、

ほとんど適当な形だけのものでしたが、

最近は使用目的が少しづつ解り

和傘道具詳細


奥は、開いた傘を中から天井付近をトントンするもの。。。

相変わらず、名称は不明?

手前は、表から、骨に沿って下から上に、和紙をきちんと竹にくっつけ、

また、折込安くするものとでも言いましょうか。。。

それが、わかると、この部分はこれくらいかな?

和紙がやぶれないように、面取りをしよう。。。とかが解ります。。。

そして、残業時間めいっぱい使ってしまいました。。。

天井を張ろうと思っていたのに。。。道具作製で精一杯。。。

でも、焦らずにの言葉が聞こえます。。。

一日、一作業でもできれば良いと、今は思えるようになりました。

先日、松田さんのところに、

岐阜の昔の羽二重傘の修理が来ていました。。。

羽二重の紙、話は聞いていましたが、実際に見たことは無く

羽二重和紙


松田さんに和紙と絹を裏打ちしたものと初めて教わり、

これも研究やぞ!とのこと。。。

本当に、そう。。。聞くだけでは、全く解らず。。。

見て聞いて、触って、確かめて、ようやく、自分の中に取り込めます。。。

柄

修理した羽二重傘を見せていただきました。。。

羽二重和傘

神職の方の和傘だそうで、骨も50本。。。

親骨も長く、岐阜独特のスタイルも良く、

細身の骨は、昔の素晴らしい職人さんの腕によるものとのこと。。。

昔の仕事

だから、修理が効くし、竹が一つも欠けることはないそうです。。。

仕事とは、そういうもの。。。

ちゃんとしたのものを作っていれば、こうやって修理の仕事も来る。。。

何事も、信頼が大切。。。

仕事も、人間関係も。。。

今、しっかり、岐阜と信頼関係が出来ているかと、

あらためて、問われてしまいました。。。

まずは、岐阜和傘がしっかりとできるように

ならなければなりません。。。

で、私。。。

カット

平紙の最後の重ねの和紙の切り方に困っている最中。。。

再度挑戦です。。。



関連記事

| 金沢和傘&水引&木遊び **花結遊**ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mizuhikihanayuyu.blog54.fc2.com/tb.php/283-38562126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。