スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中和紙(さんちゅうわし)


今晩は、今日の金沢は、快晴。。。

空気もカラッとしていて気持ちよく。。。

すっかり秋の気配です。。。

半袖が寒く感じてきましたよ~


先日、岐阜へ行く途中に、飛騨古川を尋ねました。。。

飛騨古川

そこから、いろいろご縁の始まり~

知人が、和傘にいいのでは?と素敵な切り紙があると

連れて行ってくださったのは、

飛騨古川にある「飛騨古川まつり会館」

まつり会館

ここでは、お祭りの屋台を展示してあるのですが、

ここの特別展に、

切り絵あさがお

菅沼 守さんという方の切り絵が展示されていました。。。

切り絵きく

黒の画用紙に、緻密な線が~

繊細な作品の数々に見とれてましたが、

私がもっと引かれたのはこちら。。。

小さな硯箱

全て、木で出来ているミニチュア。。。

大きさは3センチほどで、切り紙の合間に作っていたとか。。。

小さな墨壺
(小さな墨壺)

すごく細かい細工。。。

説明をしてくださる方に、和傘のお話をしていたら、

是非、菅沼さんのお店に行って来てと紹介され。。。

古川の街並みを、和傘をさして散策。。。

飛騨古川2

菅沼さんのお店は「布紙木」でふしぎさんと読むそうで、

鯉が泳ぐ用水のたもと。。。

布紙木さん

店内は、素敵な古民家に切り絵と古布や骨董などがあり

奥様とまたまた、談笑していたら、

和紙のお話になり、是非、和紙のお母さんに会ってきてと

言われ、向かった先は、河合村にある「いなか工芸館」

ここでは、75歳になるお母さんがお一人で和紙を漉いて

いらっしゃいました。。。

山中和紙2


さて~和傘の和紙在るかな~

いつものように、楮紙はありますか?の問いに

うちは楮紙しか作らないのよ~とのこと

やった~です。。。

和傘に使いたいことなど話しながら

和紙の部屋に連れて行って頂くと。。。

山中和紙

楮100%の紙は、未さらしの淡いクリーム色のものが

ほとんどなのですが、とっても淡い私好みの

色みの和紙も出していただき、

自分で、和紙をよっていいよ~と言われ、

お母さんは、紙漉きに。。。

さて大変、いろいろ目移りしてしまいます。。。

まず、厚さは?

たぶん、今使っている物より少し厚いくらいかな?

山中和紙1

色は。。。好きなベビーピンクと、シックな空色にしました。

墨流しも素敵。。。

水引用にも数枚。。。

ここでも昔は数件の和紙屋さんがいたのだけど、

皆、食べていかれないから、やめてしまったとのこと。

お母さんのところには、全国から、和紙を探してお客様が

いらっしゃるとのこと。。。

私も、一度この和紙で和傘を作って、

自分に合うようならまた来ますと。。。

帰りには、畑の楮を見せていただきました。。。

楮の木2

こんな大きくなっているのを見るのは初めて。。。

楮の葉

葉っぱもこんなに大きいいのですね。。。

ここ、山中和紙は、雪さらしといって、

真冬の雪の上で、楮をさらすのでとても丈夫で

冬の風物詩でテレビなどにもよく取り上げられているそうです。。。

私は、全く知らなかった場所でしたし、

今回はそんなつもりもなかったのですが、

縁が縁を呼び、いい和紙に出会えたような気分。。。

早く使ってみたいけど。。。

どんな傘にしようか作戦会議です!


昨日は、仕上げ待ちぼうけの和傘に、柿渋を引きました。。。

久々の柿渋は、う~ん。。。すごい臭い!

柿渋1

そして、引き方も傘を立てればいいのか?

横にしたほうが、引きやすいのか?試行錯誤。。。

柿渋2

白地の和紙の時は、すっごく気を使います。。。

柿渋3

段々、仕上げに近づいて。。。この中で

1本くらいいい傘出来ないかな~です。。。



関連記事

| 金沢和傘&水引&木遊び **花結遊**ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mizuhikihanayuyu.blog54.fc2.com/tb.php/448-87539537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。