スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小浜和傘をもとめて。。。


おはようございます。花結遊です。。。

金曜日、手仕事屋解禁。。。しかし、朝からの雨で寒いし

メールや電話が殺到するし!

今日は、粛々と仕事をこなしたいと思っているのに。。。

で、パソコンの前で、早くも小休止(>_<)


ご縁があって、先日福井県の小浜に行ってきました。。。

ここ小浜には昔から和傘の骨を上手に作られる方がいて

松田さんも、岐阜の藤沢社長さんも

小浜の傘はいい傘だよと言っておりました。。。

そんな傘に会えるかも?と、訪れたのは

町家ギャラリー 栖水舘さん

せいすいかん

こちらは、定年になられたご主人が

築150年の実家の商家を改築し、

蔵

冬以外は、若狭小浜の風景を水彩画にしたためながら

町家を開放しています。。。

原風景

ここに昔の傘があったのです。。。

親骨五十本の男傘。。。

小浜和傘

松田さんのところでも見たことがある和傘柄です。。。

小浜和傘2

ご主人のお父様のお友達の傘屋さんの重田さんの傘と

出所もしっかりしており、何よりもそんな古い傘なのに

とても綺麗です。敗れもあまりなく

目かけが数箇所。。。

目かけ

一緒に、岐阜の親骨五十本の蛇の目傘もありました。

こちらも綺麗です。。。

骨董と一緒に

時々、ちゃんと開いて楽しんでいたとのこと

やっぱり和傘は開閉しなくてはいけないのですね。。。

そしてこの傘たち、すっと閉じてぺたんこになります。。。

閉じ方

昔のいい傘は、開いて閉じて、ちゃんと竹の形に戻るのです。。。

これは、骨がいいのか?張りがいいのか?

それとも、養生がいいのか?

いまだ解らない?一番の不思議。。。

私が古い和傘を集めているとのことで、

譲ってくださったかたの和傘は、

ご本人がお嫁に行く時にご両親が持たせてくださったもの。

あまり使っていなかったことと、大切に大切にしまわれていて

和紙はすっかり破れてしまっていたけど、

50.jpg

骨は大丈夫そうです。。。

岐阜の親骨五十本のもの。。。

細身で綺麗です。。。

松田さんにお見せすると、

竹の生も大丈夫やさかいに、丁寧に扱って、

岐阜の羽二重でもはっていい傘にしなさいとのこと。。。

さて、また課題がでました。。。

そして、帰りには和傘が盛んなところだから和紙屋さんありませんかと?

ありました。

若狭和紙 おおえ さん。。。

ご主人と和傘の話をしていたら、ご主人も和紙をすいていたような?

私の大好きな伊勢型紙を見せてくださったり、

和紙の染についていろいろ教えてくださいました。。。

で、今回求めた和紙は

型染め

型染めの小紋柄を色違い2点と大柄一点

日傘にしようと思ったのだけど、どうでしょう?

和傘もあったんだけどな~

今度までに捜しておくわなんておっしゃってくださり

また、小浜へは訪れたい場所になりました(*^_^*)

いろいろなご縁で

いい傘にしたい!

今は日々、それが合言葉になっています!

さて、

掃除して、明日のイベントの準備して

和傘仕事はじめましょう。。。







関連記事

| 金沢和傘&水引&木遊び **花結遊**ホーム |

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mizuhikihanayuyu.blog54.fc2.com/tb.php/612-5ec75bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。