スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五木寛之さんの「林住期」 人生のターニングポイントを迎えて


こんにちは、花結遊です。

人生のターニングポイントを迎えて、

八重桜

「50の手習い」ではないけど、

昨日と今日と特別な違いはないけど、

心新たに何かに向かっていくために。。。

ふと、

「50の手習い」とはと調べてみると、

五木寛之さんの「林住期」という本を紹介されていて

抜粋が載っていた。。。

まさしく今の自分にピッタンコ(#^.^#)

以下。。。

*************************************************

人生のクライマックスを考えたことはあるだろうか。
 人生も黄金期とか、収穫期というものがあるかもしれない。
 人生、80年。昔の人より長生きできるようになった。

 古代インドでは人生を4つの時期に区切るという。
 「学生期」(がくしょうき)
 「家住期」(かじゅうき)
 「林住期」(りんじゅうき)
 「遊行期」(ゆぎょうき)

 日本では初老とか老年と呼び、なんとなく暗い。
 近づいてくる死を待てというのだろうか。

 吉田兼好は次のように言った。
「死は前よりもきたらず」
 つまり、死は、前方から徐々に近づいてくるのではなく、

「かねてうしろに迫れり」
 背後からぽんと肩をたたかれ、不意に訪れるものだ。


 インドでは、「学生期」で学び、
       「家住期」働き、家庭をつくり、子供を育てたあとに、
 
 人生のクライマックス「林住期」を迎える。

 人はみな生きるために働いている。
 でも、よく考えてみれば、生きることが目的で、働くことは手段であるはずだ。
 ところが、働き蜂の日本人は、働くことが目的となって、よりよく生きていない。

 家庭をつくり、子供を育て上げた後は、せめて好きな仕事をして生涯を終えたい。
 一度、リセットしてみたらどうであろうか。

 人生80年。
 もっと、長生きになるかもしれない。

 と、すると

 「学生期」(がくしょうき) 0~24歳
 「家住期」(かじゅうき)  25~49歳
 「林住期」(りんじゅうき) 50~74歳
 「遊行期」(ゆぎょうき)  75~90歳

 人は生きるためにもエネルギーが必要だが、
 死ぬときもエネルギーが必要なのかもしれない。
 だからといって、生涯をなすべきこともなく、
 雑事に追われながら死にたくはないものだ。


 自分が本当にやりたかったことは何なのか問いかける時期が、
 だいたいこの林住期(りんじゅうき)にさしかかる人だと言われている。

 それまでは、あまりの忙しさに考える余裕もなかったに違いない。
 林住期にさしかかった人は、
 生活の足しにならないようなことを真剣に考えてみるのも悪くない。

 林住期は、時間を取りもどす季節だ。
 林住期は、人生におけるジャンプであり、離陸の季節でもある。
 これまで、たくわえてきた体力、気力、経験、キャリア、能力、
 センスなど自分が磨いてきたものを土台にしてジャンプすることをお勧めする。

 林住期に生きる人間は、まず独りになることが必要だ。
 人脈、地脈を徐々に簡素化していこう。
 人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない。

 1人の友と、
 1冊の本と、
 1つの思い出があれば、それでいい・・・と言った人もいる。

 自分を見つめるだけではいけない。
 林住期は相手をみつめ、全人間的にそれを理解し、受け入れる時期でもある。

 学生期のあいだは恋愛中心だ。
 家住期になれば夫婦の愛をはぐくむ。
 林住期は、恋人でも、夫でもない、
 一個の人間として相手と向き合うことも考えなければならない。
 ばらばらに暮らしても、二人の結びつきをさらに深めていくことも可能だ。


***************************************************

失敗もいっぱいしてきたけど、案外ご縁に恵まれて、助けられてきたと思う。

30年近く働いていた測量という仕事、製図は、天職と一時は思っていた!

八重桜と和傘

今、木工、水引とことを進めながら

和傘に出会って、

師匠に出会って、

また、和傘を通して、いろいろな人とめぐり合って、

これから、第何番目の人生と言うのかはわからないけど

「一生懸命にすれば、道が開くよ」と

じーじ(祖父)からの教えの通り

今が、いい時間と、幸せと、思えるなら

これまでの、数々の失敗もここへ至るまでの糧と考えられるように

なって、きたのも、いい歳を重ねて来れたことで、

自分へのご褒美なのかもしれないと思います。。。



4月 水引教室『結』 ~yui~ 始まりました~♪


今晩は、花結遊です。

春の陽気を楽しみたいと思いつつも、

まだまだ、寒い金沢ですが、

新年度4月から、新たな水引教室開講いたしました。

水引教室4年目のスタート!

進級をした皆様と、また、新たに入ってきてくださった皆様と

結ぶ仲間のふれあいの時間です。

かぶと2

14日には、上級コースとしまして

兜を作りました。

かぶと3

こちらは、3年通ってくださった1期生の上級者と

3年目に入る2期生の上級者の方々との今年は合同チーム。。。

かぶと

新旧交わり、また、楽しい結びの時間が持てそうです。。。

そして15日は月曜コース

午前中が初級コースとして

こちらは、基本のあわじ結びでストラップつくりをしました。

水引教室

昨年、途中から入られた方々は、最初のスタートラインからと

言うことで、しばらくは新しく入った方と一緒に基本を学びます。

ストラップ手元

沢山の方がいらっしゃると

同じ結びをお教えしても

ストラップ

形の大きさや、まずは、選ぶ水引の色合いによって

雰囲気が全く違った、オンリーワンノ物が出来上がりますので

ストラップ2

とても、楽しい時間になります。

午後からは、中級コース

昨年新設した月曜コースの初級組が中級に進学!

ご祝儀袋

あわじ結びのアレンジから

金封の作り方を。。。

ご祝儀袋2

アレンジの醍醐味を楽しみました。。。


月に1度の水引教室。。。

日曜コースは、28日開講になります。。。


●日曜コース 4月28日
 初級 9:30 ~ 12:00『あわじ結びでストラップ』
 中級13:00 ~ 15:30『あわじ結びのアレンジご祝儀袋』

上級、中級は、それぞれの下級級をへての進級になりますので
新規ご希望の方は、初級コースからになります。

新たにお申し込みご希望の方は、
左横のメールフォームよりお問い合わせください。

【会場】
 長土塀交流館
 金沢市長土塀三丁目3番3号

☆北鉄バス「長土塀」「富本町」下車、徒歩5分
☆元車交差点の中央体育館の駐車場を入り、突き当たりを左に進むと
入り口があります。突き当たり近辺が駐車場となります。

まだ、チラシが刷り上っておりませんので、
近々のお知らせまで。。。




H25年度 水引教室 『結』 ~ yui ~ お知らせ


こんにちは、花結遊です。

花冷えですね。。。

桜と和傘

今朝の北國新聞では、犀川の桜も満開!と出ておりましたが、

私のいつも行く桜の秘密基地は、満開まであと少し!

週末がきっと見ごろのような気がいたします。

sakura.jpg

さて、お問い合わせの多い水引教室

ようやく一部ご案内が出来ます。


水引教室『結』~yui~

月に一度の水引教室。

月に一度いろいろな結びを覚えアレンジをし、

生活に仕事に、金沢の伝統の水引を

沢山のかたに知って頂きたくってはじめた水引教室も

4年目に入ります。

初回からずっと通ってくださった方々は、

初級、中級、上級と進級され、それぞれが生活に仕事に

アレンジをしてくださり、また、今年もとの声を聞かせて頂き

とても嬉しく思っています。

卒業がなく、結ぶ仲間はずっと一緒なのかも。。。


上級コースの皆様は、今回新旧合同になります。

結ぶ仲間として、生徒さん同士も本当に仲良くなり始めたこの頃

また、心新たにご一緒に結ぶ時間を楽しみたいと思います。

ストラップ
(初級コース ストラップ)

平成25年度 開講のお知らせ

4月より、新規スタートいたします。

各コースの日程は下記の通りです。

●上級コース
 4月14日 日曜
   9:30 ~ 12;00 『兜つくり』

●月曜コース 4月15日
 初級 9:30 ~ 12:00『あわじ結びでストラップ』
 中級13:00 ~ 15:30『あわじ結びのアレンジご祝儀袋』

●日曜コース 4月28日
 初級 9:30 ~ 12:00『あわじ結びでストラップ』
 中級13:00 ~ 15:30『あわじ結びのアレンジご祝儀袋』

上級、中級は、それぞれの下級級をへての進級になりますので
新規ご希望の方は、初級コースからになります。

新たにお申し込みご希望の方は、
左横のメールフォームよりお問い合わせください。

【会場】
 長土塀交流館
 金沢市長土塀三丁目3番3号

☆北鉄バス「長土塀」「富本町」下車、徒歩5分
☆元車交差点の中央体育館の駐車場を入り、突き当たりを左に進むと
入り口があります。突き当たり近辺が駐車場となります。

まだ、チラシが刷り上っておりませんので、
近々のお知らせまで。。。

1月の水引教室を終えて。。。


今晩は、花結遊です。。。

寒い金沢ですが、今朝は本当に寒くって、

足の指がいつまでも冷たい!

でも、日中は、とっても良いお天気で、

昨日までの雪がずいぶん消えたように感じます。


もも結び
(大好きな 桃結び)

今日で1月も最後、なんだか、ばたばたとあっという間に

一ヶ月が過ぎ、ブログも一生懸命にします。と言いながら

全くで、申し訳ありません。

いろいろなこと考えて、何を自分の軸にすればいいのか?

まだ、悩んでますね。

フェイスブックという新しいツールは、日々のことを

リアルタイムに発信できていいのですが、

じっくり考えて発信できず、じっくり考える時間がとれず、

悩み中。。。まぁ、悩んでいるのも私で

このまま、ゆるゆると両方続けていけたらと思います。

1月の水引教室を終え

花リーフ
(中級 花リーフ)

来月は、予定では作品展

3月から、進級コースの予定ですが

しおり
(あわじ結びのしおり 宿題にて)

作品展を4月に、進級も4月?

ここはまだ考え中!という具合で皆さんと話し合いました。

かんざし
(初級 かんざし)

沢山の方が、また、水引教室に通うって頂き

結ぶ仲間は、増殖中です。

かんざし3
(かめ結びでかんざし)

新たな、教室の時間割を考え、

春を迎える準備を急がなくては。。。

かんざし2
(色合いが 素敵)

少しずつ、前進します。。。

今年H25年は、延べ1000人の方に和傘の中に入って写真を撮ってもらおう♪


今晩は、花結遊です。

また、降りましたね。。。真っ白な世界は綺麗だけど、

寒くって、身体が冬眠してしまいそうです。

とはいっても、動き出したい私は、今年はいっぱいイベントに参加予定。

第一弾として、いつもお世話になっている

石川県中小企業団体中央会さん主催の

金沢駅ステーションギャラリーで行われている

ポスター

『技で魅せるいしかわの伝統工芸実演会』に

成人式を含むこの週末は参加しておりました。

実演風景

4回目のお誘いになる実演会、

今回は、いつも忙しい表具メンバーも駆けつけてくれて

表具師T氏

それぞれが、表具に使われる古典柄を描いた和紙にて

和傘を張りながら、お客様とお話を交えながら実演を行いました。

表具師O氏

表具メンバーは、生業が忙しくて、中々和傘の練習が出来なくて

不安がっておりましたが、そこは最初に引っ張られた時の

天井はm君

理由付け、紙と糊のプロですから

作業の段取りだけを伝えると、さっさ、さっさと仕事が進みます。

文さんワールド

いつも、実演に来てくださるお客様からは、

私と違って、刷毛さばきが上手や、さすが!と言う声も

波にウサコ

私だって、認める素敵な仲間の腕、

でも、とっても悔しいから、

みんなに今度は刷毛の使い方教室やってねと

お願いしている次第です。

実演風景2

さて、年を明けて、今年は・・・って目標を皆様は持ちましたか?

私は、今年H25年は、延べ1000人の方に和傘の中に入って写真を撮ってもらおう♪

と思っています。

sさんと

沢山のかたとじかに和傘に触れてもらい、お話しすること。

1000人なんて、とっても大きな数字ですが、それくらい大きな夢をもって

実演風景3

いい傘つくりをしたいと思います。

成人式の息子のお友達が駆けつけてくれました。

愛ちゃん

やっぱり、和傘と着物いい感じですね。。。


前ページ | 金沢和傘&水引&木遊び **花結遊**ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。